キリスト教モデルのお葬式には、仏式でのお葬式とは違ったポイントともいえることがあります。

仏式のお葬式では、焼香をしたり、
また神式のお葬式です葬場祭(神葬祭)では、玉串奉奠をしたりします。

ただしキリスト教クラスでは、焼香や玉串奉奠のバリエーションとなるようなことはしません。

そうして御香典ですが、御香典は呼ばずに「弔慰富」と呼びます。
そのため香典紙袋ですのし袋の表書きは、一般的には「御花費用」となります。
特にプロテスタントの場合には、「御霊前」ののし袋は使用することはありません。
お葬式でのことですので、十分に注意しましょう。

仏式や神式の香典紙袋であれば、水引はもちろんありますが、
キリスト教クラスお葬式に持参するのであれば、水引のついた香典紙袋出なくてもかまいません。

また仏式のお通夜では、通夜姿勢と言って、お通夜が終わってからお料理やお酒が出ることが一般的です。

ただしキリスト教クラスでは、食事やお酒は行ないません。
お菓子やお茶菓子だけになります。お葬式の費用を抑えたいならこちら